RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ハイドシェックの名盤再発売
キングレコードより「宇和島ライブ」を含むハイドシェックのCDが9点再発売されました。

価格は¥1,000円+税とかなりお求めやすくなりました。



「宇和島ライブ1」 KICC3631

「宇和島ライブ2」 KICC3632

「宇和島ライブ3」 KICC3633

「宇和島ライブ4」 KICC3634

「リスト名演集」 KICC3635

「田園・ソナチネ・第32盤」 KICC3636

「フォーレ・リサイタル」 KICC3641

「ワルトシュタイン」 KICC3642

「子供の情景・子供の領分」 KICC3643


ハイドシェックの名盤がカタログに残り続けてくれてとてもうれしいです。
author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 21:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェックのディスコグラフィー
ハイドシェックのディスコグラフィーといえば、

フランスの公式サイト素晴らしいディスコグラフィーがあるのですが、

ボクも作ってみましたー

というか数年前に自分のコレクションを整理していたら、

何となくディスコグラフィーっぽくなってしまい、

こんなのが出来ちゃいましたー、という次第です。

今後1枚1枚の聴いた感想などをブログネタとしてアップしていけば、

3日に1度アップしても1年位は持つ計算となりますが、

そんなペースで書くパワーもないので、

あと数年はネタ切れせずに済みそうです(笑)
author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 22:17
comments(2), trackbacks(0), pookmark
ワーナーのハイドシェック
もう昨年の話ですがEMIがワーナー傘下となりEMIのロゴがなくなりつつあります。若い時にEMIにたくさんの録音を残しているハイドシェックも例外ではありません。たとえば一昨年に紹介したモーツァルトのピアノ協奏曲もこのとおり

  
 TOCE-16044(EMI盤)     WPCS-50088(ワーナー盤)

  
 TOCE-16043(EMI盤)     WPCS-50338(ワーナー盤)

20番・23番はワーナーのロゴ、25番・27番は何とエラートのロゴです。
エラートは20年ほど前にワーナーの傘下に入っているレーベルです。

長い間カタログに残り続けているフォーレの夜想曲全集も・・・

  
 TOCE-14062(EMI盤)     WPCS-50303(ワーナー盤)

このフォーレの夜想曲全集はつい最近再発売されました。


WPCS-23081

それにしてもハイドシェックの録音がエラートのロゴで発売されるとは夢にも思っていませんでした。とにかくどんな形であれハイドシェックの録音が永遠に残り続けることを願ってやみません。
 
author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 22:19
comments(2), trackbacks(0), pookmark
そろそろ
半年以上も放置している拙ブログを再開しようかなーと考えています。

実は、昨年精神的にダウンしてしまい仕事を半年も休んでいました。昨年末から仕事に復帰しているのですがようやく気持ちが落ち着き、かなり回復しているのを感じております。休んでいる間にもいろいろな出会いがありこれらのことも少しづつ書いていきたいなと思います。とは書きつつまだまだ気分の浮沈が激しくてお薬のお世話になっているのでどのくらいのペースで更新していけるのかわかりませんができる範囲でのんびりやっていこうと思います。

それはそうと今日はハイドシェック(←結局ここかい・・・笑)の78回目のお誕生日ということでたいへんめでたい日でもあります。昨年はハイドシェックのコンサートに行ってとても元気をもらいました。まだまだ頑張ってほしいなと思います。

ということで何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 
author:マグネット(magnet), category:日々のこと, 23:50
comments(2), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェック 東京&海老名

ハイドシェックを聴くために東京と海老名へ行ってきました。

29日の金曜日は会社を休んで新幹線で東京へ・・・
この日は天気もよく富士山がきれいに見えました。

夕方東京についてそのまま東京文化会館へ・・・
会場ではいつものメンバー+関西メンバーにお会いしました。

19:00開演。
最初のヘンデルとバッハを組み合わせたプログラムを弾き始めるとさすがはハイドシェック、あの温かみのある音で全体を包み込んでくれます。調子がよさそうな感じで安心して聴いているとなんと!バッハの途中でいきなりコケてしまいました。その後は何とか持ち直してハイドンのソナタもまずまずの演奏でした。
そして次のモーツァルトのピアノソナタ4番の第一楽章を弾き終えると何と!アタッカでそのままベートーヴェンのピアノソナタ5番へ突入。
それを自然にやってのけるセンスにはただただ驚きました。そのベートーヴェンは心に直接訴えかけてくるようなすばらしい演奏で個人的にはこれが前半のベストだと感じました。
20分の休憩後後半の開始。
まずは6つのバガテル。この曲は5年前の日本ツアーでもプログラムに組まれ各地で名演を繰り広げてくれた得意曲です。
今回も初めから心に語りかけてくる素晴らしい演奏でしたが、4曲目でまたコケしまいました。
最後はドビュッシーの前奏曲から4曲。これまた素晴らしい演奏で私の中では東京でのベスト演奏でした。

アンコール
 はじめにフォーレの夜想曲第11番を弾きましたが弾き始めてすぐにコケてしまい最初から弾きなおしましたが、この演奏が絶品!この日一番感動したんじゃないかと思います。その後はバッハの作品を数曲弾きましたが、これも本プロよりも良かったんじゃないかと思うような演奏でした。

体調自体は良さそうでしたが、3箇所もコケてしまったのでご本人は少し不満だったかもしれません。
終演後は恒例のサイン会。ものすごい長蛇の列でした。


横浜の実家で2泊し1日の日曜日は海老名市文化会館へ・・・
ここでも関西メンバーと遭遇。

この日は初めから調子が良くヘンデル・バッハの見事な演奏で始まり、ハイドンもまずまず。そしてモーツァルトが始まり終わりに近づくとまたアタッカでベートーヴェンに移ると予想していたのですが、何とこの日は完全に切り離して演奏していました。そしてベートーヴェンも見事な演奏を繰り広げていましたが第三楽章で少し雲行きが怪しくなり、何とか気合で持ち直し最後まで見事に弾ききりました。後半の6つのバガテルも見事な演奏でしたが4曲目が鬼門なのか足が絡んでいるような感じでここは根性で弾ききってました(笑)
この日も一番感動したのがドビュッシー4曲。こんなに美しいドビュッシーはハイドシェック以外弾くことができない唯一無二のものだと思います。

アンコールはシューベルトの楽興の時第2番に始まりあとはバッハ尽くし。
このバッハがこの日一番の演奏だったように思いました。

この日ももちろん終演後はサイン会。東京よりは満足な演奏ができたらしくとても上機嫌でした。


いろいろごちゃごちゃと訳のわからんことを書いてきましたが、一言で言えば東京はまずまずの出来、海老名は好調だったというのが私の感想です。

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 23:34
comments(6), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェック来日公演2013


お久しぶりです。
今年はハイドシェックの来日公演が予定されています。
新しい情報が入り次第追記していきます。

【日程】
 ◎八ヶ岳公演:2013年11月23日(土)17:00開演   八ヶ岳高原音楽堂
 ◎埼玉公演 :2013年11月24日(日)17:00開演   さいたま市プラザノースホール
 ◎東京公演 :2013年11月29日(金)19:00開演 東京文化会館小ホール
 ◎海老名公演:2013年12月01日(日)14:00開演 海老名市文化会館大ホール


★八ヶ岳公演 → 詳しくはコチラ
 2013年11月23日(土)17:00開演(16:00開場)
 八ヶ岳高原音楽堂
 

【プログラム】
   ベートーヴェン:
  ピアノソナタ第5番ハ短調
    6つのバガテル
  ドビュッシー:
  前奏曲集より
   ほか

チケット(コンサートのみ):10,000円
チケット発売:
■お問い合わせ:八ヶ岳高原ロッジ TEL:0267-98-2131


 
★埼玉公演
→ 詳しくはコチラ
 2013年11月24日(日)17:00開演(16:30開場)
   さいたま市プラザノースホール

 
【プログラム】
  ヘンデル:前奏曲 〜組曲 第1番 イ長調 HWV426より
 J.S.バッハ:前奏曲 〜平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第19番 イ長調 BWV888より
 モーツァルト:アダージョ 〜ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調 K.282より
 ベートーヴェン:6つのバガテル 作品126
 シューベルト:楽興の時 第2番 変イ長調 作品94 D.780 他

チケット(全席指定):一般 3,000円
          高校生以下 1,500円
チケット発売:2013年9月5日(木)より
■お問い合わせ:プラザノース TEL:048-653-9255


★東京公演 → 詳しくはコチラ
 2013年11月29日(金)19:00開演(18:30開場) 
 東京文化会館小ホール



【プログラム】
 ヘンデル:前奏曲 〜組曲 第1番 イ長調 HWV. 426より
 J.S.バッハ:前奏曲 〜平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第19番 イ長調 BWV. 888より
 ヘンデル:前奏曲 〜組曲 第3番 ニ短調 HWV. 428より
 J.S.バッハ:前奏曲 〜平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第11番 ヘ長調 BWV. 880
 ヘンデル:前奏曲 〜組曲 第2番 ヘ長調 HWV. 427
 ハイドン:ソナタ第58番 ハ長調 作品89 Hob. XVI:48
 モーツァルト:アダージョ 〜ソナタ第4番 ホ長調 K.282より
 ベートーヴェン:ソナタ第5番 ハ短調 作品10-1
 ベートーヴェン:6つのバガテル 作品126
 ドビュッシー:前奏曲集より【「四季」をテーマにE.ハイドシェックによる選曲】

チケット(全席指定):6,000円
チケット発売: 2013年07月06日(土)より
主催・お問い合わせ:コンサートイマジン TEL:03-3235-3777


★海老名公演 → 詳しくはコチラ
 2013年12月01日(日)14:00開演(13:30開場)
 海老名市文化会館大ホール



【プログラム】
 ヘンデルとJ・Sバッハによる5つのプレリュード
 ハイドン:ピアノ・ソナタ第58番
 モーツァルト:アダージョ(ソナタK.282より)
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第5番 / 6つのバガテル
 ドビュッシー:前奏曲集より    ほか

チケット(全席指定):S席一般2,500円(えびかんクラブ2,250円)
           :A席一般1,500円(えびかんクラブ1,350円)
チケット発売: 2013年7月23日(火)より
お問い合わせ:海老名市文化会館 TEL 046-232-3231(10: 00〜17:30)

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 21:47
comments(6), trackbacks(0), pookmark
1年間ありがとうございました!

お久しぶりです。何とか生きてます(笑)

今年は忙しさのあまり疲れ果てて最後三分の一は書き込みをサボってしまいましたが、
その間にもたくさんの方にアクセスして頂いてて申し訳ない気持ちで一杯です。

このサボっている間にも色々とありまして、忙しすぎて自分を見失いそうになっていたので、
何とか自分を取り戻すべく10月には野球を再開(10年前に所属していたチームに復帰)。

美味しいものも色々と食べましたがその中では近江牛が私の中ではナンバーワンです。







大津祭りも楽しみました。





あと、シャガール展に行ったり、11月には南三陸への思いが込められた感動的なコンサート、12月にはオールベートーヴェンプログラムの素敵なコンサートを堪能しました。

来年は少しはまじめに書き込みをしていきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは、良いお年を!

author:マグネット(magnet), category:日々のこと, 10:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
毎年のことですが

本日8月21日はハイドシェック76回目のお誕生日です。
おめでとうございます!

こんなおめでたい日に聴きたくなるのがモーツァルトのピアノ協奏曲第26番「戴冠式」。
個人的なオススメはもちろんハイドシェックです(笑)



エリック・ハイドシェック(ピアノ)
ハンス・グラーフ(指揮)
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

20年も前の録音ですが生き生きとした演奏で何度聴いても飽きることがありません。
ラッキーなことに3年前には名古屋で実演に接することができたのですが、
このときの演奏は本当に素晴らしく私の一生の宝物です。

これからもずっと温かく美しい音色でたくさんの人を幸せにして欲しいと思います。

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 00:38
comments(0), trackbacks(2), pookmark
2012びわ湖大花火大会

今日びわ湖大花火大会がありました。
個人的には11年ぶりに楽しみました。
以前は有料席を確保して観にいっていたのですが、
今日は自宅の部屋から鑑賞しました。







この部屋を選んだ際に「花火が見えるのでは」と期待したのですが、
まさに期待通り!自宅の部屋からばっちり観ることができて大満足!!
シャンパン(もちろんシャルル)片手に心行くまで堪能しました。


もう来年が待ち遠しくて仕方ありません(笑)

author:マグネット(magnet), category:日々のこと, 22:14
comments(2), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェックの名盤復活

ハイドシェックのEMI時代の名盤が再発売されました。

◆モーツァルト: ピアノ協奏曲第20番 & 第23番

EMIミュージック・ジャパン TOCE-16044(限定盤)

◆モーツァルト: ピアノ協奏曲第25番 & 第27番

EMIミュージック・ジャパン TOCE-16043(限定盤)

エリック・ハイドシェック(P)
アンドレ・ヴァンデルノート(指揮)
パリ音楽院管弦楽団

これらの盤については以前記事にしたことがありますが、
私がハイドシェックファンになるきっかけとなった神のような盤です(笑)

※関連記事

今回初めてフランス初出LPのジャケットデザインが採用されています。
とてもお洒落なデザインで個人的には大好きなのでとても嬉しいです。

価格も魅力的で、1枚何と! 税込み999円!!

最近ファンになられた方や今まで買いそびれてしまっていた方には嬉しい再発売だと思います。ただし、限定盤なので興味のある方は早めにお求めになることをお勧めします。

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 10:40
comments(2), trackbacks(4), pookmark