RSS | ATOM | SEARCH
ハイドシェックの新譜情報2018

もうすでにご存じのこととは思いますが、
先月下旬にハイドシェックの新譜が出ました。

内容はバッハの平均律第1巻から5曲とフランス組曲第5番、第6番、

それにベートーヴェンの創作主題による6つの変奏曲です。

 

POLYMNIE・桜   SAKURA-11

 

バッハは2017年の新録音、ベートーヴェンは2007年草津でのライヴ録音です
ベートーヴェンは私も実際に草津で接したものでとても思い出深いCDとなりました。
ハイドシェック自身もこのCDを大変気に入っているようです。

 

そして今月下旬には大手レコード専門店の企画
EMI時代のモーツァルトピアノ協奏曲集が再発売されます。

 

今回の注目は1957年録音のピアノ協奏曲第24番が初めてCD化されることです。
さらにSACDハイブリッド盤として発売されます。
すでにこの録音を持っていらっしゃる方でもSACD対応のプレーヤーを
お持ちの方は一聴の価値があるのではないかと思います。
SACD対応プレーヤーをお持ちでなくても初CD化の第24番が収録されているので買う価値十分ではないかと思います。

 

以上です

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 15:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:46
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://magnet-2.jugem.jp/trackback/375