RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ワーナーのハイドシェック
もう昨年の話ですがEMIがワーナー傘下となりEMIのロゴがなくなりつつあります。若い時にEMIにたくさんの録音を残しているハイドシェックも例外ではありません。たとえば一昨年に紹介したモーツァルトのピアノ協奏曲もこのとおり

  
 TOCE-16044(EMI盤)     WPCS-50088(ワーナー盤)

  
 TOCE-16043(EMI盤)     WPCS-50338(ワーナー盤)

20番・23番はワーナーのロゴ、25番・27番は何とエラートのロゴです。
エラートは20年ほど前にワーナーの傘下に入っているレーベルです。

長い間カタログに残り続けているフォーレの夜想曲全集も・・・

  
 TOCE-14062(EMI盤)     WPCS-50303(ワーナー盤)

このフォーレの夜想曲全集はつい最近再発売されました。


WPCS-23081

それにしてもハイドシェックの録音がエラートのロゴで発売されるとは夢にも思っていませんでした。とにかくどんな形であれハイドシェックの録音が永遠に残り続けることを願ってやみません。
 
author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 22:19
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:19
-, -, pookmark
Comment
エラート扱いになっているとは、なんとも言えない違和感ですね。なるほど!
みっひつーるー, 2014/09/05 3:47 AM
◆みっひつーるーさん

どうも仏EMI録音がエラート扱いのようです。
英EMI録音はワーナーのロゴのようです。
magnet, 2014/09/05 8:30 PM









Trackback
url: http://magnet-2.jugem.jp/trackback/359