RSS | ATOM | SEARCH
毎年のことですが

本日8月21日はハイドシェック76回目のお誕生日です。
おめでとうございます!

こんなおめでたい日に聴きたくなるのがモーツァルトのピアノ協奏曲第26番「戴冠式」。
個人的なオススメはもちろんハイドシェックです(笑)



エリック・ハイドシェック(ピアノ)
ハンス・グラーフ(指揮)
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

20年も前の録音ですが生き生きとした演奏で何度聴いても飽きることがありません。
ラッキーなことに3年前には名古屋で実演に接することができたのですが、
このときの演奏は本当に素晴らしく私の一生の宝物です。

これからもずっと温かく美しい音色でたくさんの人を幸せにして欲しいと思います。

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 00:38
comments(0), trackbacks(2), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:38
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://magnet-2.jugem.jp/trackback/354
内田光子&クリーヴランド管のモーツァルト:ピアノ協奏曲第9番
本盤の演奏は、モーツァルトのピアノ協奏曲演奏の真の理想像の具現化と言っても過言ではない、至高の超名演。
クラシック音楽ぶった斬り, 2012/08/24 7:13 AM
内田光子&クリーヴランド管のモーツァルト:ピアノ協奏曲第23番、第24番
内田のモーツァルトの解釈が、旧盤に比してより深まった印象を強く受けた。
クラシック音楽ぶった斬り, 2012/08/30 11:42 AM