RSS | ATOM | SEARCH
SACDは普及するか・・・

次世代CD規格として12年前にデビューしたSACD
しかし普及の速度が遅くとても苦戦しているようである。

実は私はこのSACDに結構ハマっていたりします。
とにかく音質がものすごくイイ!!

以下はあくまでも私個人の勝手な感想ですが・・・
音が柔らかく聴き疲れしないLPに近い音。響きにもゆとりがあって包み込まれる感じです。加えて空気感までも感じることができて、まるでその演奏会場に居るような錯覚に陥ります。CDが普通のテレビ画面ならばSACDは3D画面って感じでまさに次元の違う音の良さです。SACDにはSACD層だけのシングルレイヤー盤とSACD層とCD層との両方を持ったハイブリッド盤とがあります。シングルレイヤー盤はSACD対応プレーヤー専用で通常のCDプレーヤーでは再生できませんが、ハイブリッド盤はCD層を通常のCDプレーヤーで再生できます。多く流通しているのは通常のCDプレーヤーで再生できるハイブリッド盤ですが、SACDの音を再生するにはSACD対応のプレーヤーが必要です。

私が初めて聴いたSACDはカルロス・クライバーの
ベートーヴェン交響曲第7番の1982年ライヴ(ORFEO)


これを買ったときはSACD対応のプレーヤーは持っていなくてCD層を聴いていました。
このCD層の音も素晴らしく演奏も感動的な名演奏です。
数年前に13年使っていたCDプレーヤが寿命を迎えてしまったためSACD対応のプレーヤーを購入し、このクライバー盤でSACDを初体験したのですが、CDとは別次元の予想以上の素晴らしい音が飛び出してきてビックリ!「こりゃスゲェ〜」ってな感じでしばらく繰り返し聴いていました。

これを機にSACDを何枚か購入したのですがとにかく価格が高い!!
1枚3,000円〜3,500円位します(中にはとても安いのもありますが・・・)。
普及しない原因の一つはこの価格にもあるような気がします。
この記事を書くにあたって所有するSACDの枚数を数えてみました。
30枚位かと思っていましたが何と!70枚近くありましたf(^^;)
私がSACDを購入し始めた頃には大手のユニーバーサル(ドイツグラモフォン、デッカ)が手を引いていて、オクタヴィアレコード、コロムビア、ソニーや国内・海外の小レーベルが細々と出しているような状態でした。このまま廃れてしまうのかなぁと思っていましたがここへきて何となく復活の兆しが。

2,3年前にエソテリックがユニバーサルやEMIの音源を使ってハイブリッド盤を限定発売したのですが、コレが爆発的に売れたようです(主にオーディオショップで販売しています)。これに刺激されたのか本家ユニバーサルが昨年シングルレイヤー盤を発売し始めました。そして今までSACDに手を出していなかったEMIまでもがフルトヴェングラーの音源をハイブリッド盤で発売。

まだまだ価格は高いですが普及に向けて良い兆しが見えてきました。
個人的にこの素晴らしいSACDが普及して価格が下がることを期待して止みません。

author:マグネット(magnet), category:オーディオ, 20:58
comments(2), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:58
-, -, pookmark
Comment
ご無沙汰です!(なんとか生きてました。ブログのほうは死んだまま)このSACDがあったんですね。これってジェットコースターみたいなベト7ですよね!私が持っているのは普通のCDですが、それでも初めて聴いたときはド肝抜かれました。クラシックって面白い!って思った記念碑的1枚です。SACDだともっと凄いんでしょうか。聴きたい。買おっかな、どうするべ…。私もSACDはよいと思います。SHMなどは私の耳では違いがよく分からなかったりしますけど。今日、新しい電子ピアノを買いました(自分のとこに書け、ですね)
シルク, 2011/02/20 12:00 AM
◆シルクさん

どうもお久しぶりです。
4ヶ月以上音沙汰がないので気になっていたのですがお元気そうで何よりです。

このクライバーのべト7、私もド肝抜かれました。
CD層で聴いてもスゲェ感動してしまうほどの物凄い演奏ですね。
因みにこのCDはSACDハイブリッド盤でしか発売されいませんので、
お持ちであればSACDで楽しんでいただけると思います。

SACDって、生々しくて会場の雰囲気まで伝わってくるような感じで本当にいいですよね。
SHM−CDやHQCDは私にも普通のCDとの音の違いが良く分かりません。
所詮はCD規格なので音源をリマスターした程度の違いしか出てこないような気がします。
magnet, 2011/02/20 10:31 PM









Trackback
url: http://magnet-2.jugem.jp/trackback/315
ドミンゴ&クライバーのヴェルディ:オテロ(1976年スカラ座ライヴ)
ドミンゴは数々のオテロを録音したが、初期のこの録音は光り輝く若々しさで際立っている。
クラシック音楽ぶった斬り, 2011/02/24 1:54 AM