RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ハイドシェックの新譜情報2018

もうすでにご存じのこととは思いますが、
先月下旬にハイドシェックの新譜が出ました。

内容はバッハの平均律第1巻から5曲とフランス組曲第5番、第6番、

それにベートーヴェンの創作主題による6つの変奏曲です。

 

POLYMNIE・桜   SAKURA-11

 

バッハは2017年の新録音、ベートーヴェンは2007年草津でのライヴ録音です
ベートーヴェンは私も実際に草津で接したものでとても思い出深いCDとなりました。
ハイドシェック自身もこのCDを大変気に入っているようです。

 

そして今月下旬には大手レコード専門店の企画
EMI時代のモーツァルトピアノ協奏曲集が再発売されます。

 

今回の注目は1957年録音のピアノ協奏曲第24番が初めてCD化されることです。
さらにSACDハイブリッド盤として発売されます。
すでにこの録音を持っていらっしゃる方でもSACD対応のプレーヤーを
お持ちの方は一聴の価値があるのではないかと思います。
SACD対応プレーヤーをお持ちでなくても初CD化の第24番が収録されているので買う価値十分ではないかと思います。

 

以上です

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 15:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
感想文〜ハイドシェックを追いかけて

ハイドシェックの来日ツアーが終了しました。
私は大阪、サントリーH、前橋、東京文化会館の全てに行きました。

 

それにしても今回の絶好調ぶりは一体何だったんでしょうか。
全てのコンサートがまさに神憑り的な状態。
あの現実離れした美音が頭から離れません。

 

10年前の来日ツアーの際に”えらい高みに達したなぁ”と
思っていたのですが今回はさらにそれを上回っていたのですから驚きです。
しばらくは魂の抜け殻状態決定です。

 

唯一無二のピアニズム・・・・
もうこんな演奏ができるピアニストは出てこないと思います。

 

もうかなりのご高齢なのであまり無理はしてほしくないですが、

やっぱりまた日本来てほしいなぁとつい思ってしまいます。

 

お・し・ま・い

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 15:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェック来日公演2018

お久しぶりです。
2018年はハイドシェックの来日公演が予定されています。

とてもうれしーのだ〜\(^o^)/
新しい情報が入り次第追記していきます。

 

 【日程】
 ◎大阪公演:2018年06月26日(火)19:00開演   ザ・シンフォニーホール
(共演:田部井剛(指揮)ザ・シンフォニーホールチェンバーアンサンブル)
   ※チケット:公演終了
詳しくはコチラ
 イマジン七夕コンサート:2018年07月03日(火)18:30開演  サントリーホール大ホール(スペシャルゲスト)
 ※チケット:公演終了

詳しくはコチラ
 ◎前橋公演:2018年07月07日(土)14:00開演 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)
(共演:田部井剛(指揮)カメラータ・ジオン)
 ※チケット:公演終了

詳しくはコチラ
 ◎東京公演:2018年07月08日(日)15:00開演 東京文化会館小ホール
(共演:田部井剛(指揮)カメラータ・ジオン)
  ※チケット:公演終了

詳しくはコチラ

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 01:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェックのフランス公式サイト

3年ぶりにハイドシェックのフランス公式サイトが更新されました。

 

ディスコグラフィーに新譜のバッハ(フランスでは昨年発売されている)が追加されてます。

 

あと、管理人さんがメッセージを掲載されていますが、私はフランス語が読めないので意味は分かりません😢

 

さらにいろんな情報を掲載してくれたらうれしいな(^.^)

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェック, 01:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェックの新譜(その2)〜ベートーヴェン

ハイドシェックの新譜がもう1枚発売されました。

 

Altus ALT373

 

内容はベートーヴェン:トリプルコンチェルトです。

新譜とは言っても演奏自体は以前DOREMIレーベルから
発売されたものと同じで、拙ブログでも紹介させていただきました。

 


DOREMI DHR-7716

 

しかしながら音質は全く違っていて、Altus盤のほうが格段に優れています。
Altus盤はINA所蔵のマスターテープを使用しているのに対して、
DOREMI盤はエアチェックのテープが音源のようです。

 

 

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 19:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェックの新譜(その1)〜バッハ

ハイドシェックの新譜が発売されました。

鈴木晴美さんの「はるみのパリ通信」にあるように、
本国フランスでは1年前に発売されていましたが、
この度やっと日本でも発売されました。

 


Polymnie POL109 117

 

収録内容はバッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻より、12曲抜粋です。

早速聴いてみましたが、こんなに美しいバッハは初めて聴いたような気がします。

 

ということで・・・ディスコグラフィーも更新しました。

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 19:34
comments(4), trackbacks(0), pookmark
ハイドシェックのシャルラン盤再発売

ハイドシェックがシャルランレーベルに録音した名盤がキングインターナショナルから23年ぶりに再発売されました。

 


ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番、30番 KKC-4058

 

ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番、32番 KKC-4059

 

ブラームス:ピアノソナタ第3番 KKC-4060


23年前より価格が倍ぐらいになってしまいましたがリマスタリングにより音質は向上しているようです。

author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 20:05
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Mさん、おめでとう!
ついにMさんが結婚されました拍手

おめでとうございます祝

ちなみに相手はボク・・・ではありません。

末永くお幸せにハート
author:マグネット(magnet), category:日々のこと, 20:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コンプリート
つ、つ、ついにやりました!

何を?・・・て、

それはハイドシェックの公式にリリースされた録音を全て手に入れたことです。

ハイドシェックの録音を全て手に入れるのが長年の夢でありました。

ということで、ディスコグラフィーを更新しました。

足掛け17年。自分でも感心するくらいよく集めたものです。

LPで発売されたものはできるだけ本国フランス盤を入手しました。

日本で発売されたCDは、再発盤、再々発盤とすべて入手。

入手に際してお世話になった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

あまりにうれしくて今晩は眠れそうにありません(笑)

とにかく人生での目標を一つ達成できて本当にうれしいです。
author:マグネット(magnet), category:ハイドシェックの録音, 22:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
HJリム 2015
今年もHJリムの来日公演があったので行ってきました。
これで3年連続の来日です。






◆8月21日(金)東京芸術劇場
【プログラム】
チャイコフスキー
 ・ピアノ協奏曲第1番
 下野竜也(指揮)
 読売日本交響楽団

◆8月26日(水)ザ・シンフォニーホール
【プログラム】
ベートーヴェン
・ピアノソナタ第8番「悲愴」
・ピアノソナタ第21番「ヴァルトシュタイン」
・ピアノソナタ第14番「月光」
・ピアノソナタ第23番「熱情」

 H.J.リム(ピアノ)

いやぁ〜、どちらも凄かった!シンフォニーホール(大阪)へは夏休みをずらしてまで行ってきましたが、行った甲斐がありました。
はっきり言って日本中を追っかけするピアニストはハイドシェックとこのHJリムくらいです。
プログラムは昨年と同じで、昨年も物凄い演奏に感動しましたが今年はさらにその上を行く演奏でした。
もうこれ以上何も言うことはございませんというか言葉が出てきません。
次回の来日を鶴首して待つのみです。
author:マグネット(magnet), category:HJリム, 19:25
comments(2), trackbacks(0), pookmark